最上部へ
AXCR 2018 TEAM JAOS

 

 株式会社ジャオスの創立30周年プロジェクトとしてスタートしたアジアクロスカントリーラリー(以下AXCR)への参戦ですが、2015年は国内外のオフロードレースで活躍する塙郁夫選手とタッグを組み、弊社製市販パーツを基本に必要な安全装備のみを施したデモカーのトヨタ・FJクルーザーで総合8位(クラス2位)。 2016年は当時、日本ではまだ発売されたいなかったトヨタ・ハイラックスをタイ王国から輸入してラリー仕様に改造。ドライバーには社員の能戸知徳を起用し、総合5位入賞という好成績を収めることができました。
2017年は2016年と同じマシンを改良して参戦。ドライバーは引続き能戸が担当しましたが、コ・ドライバーは弊社代表取締役の赤星大二郎から、KYB株式会社の田中一弘氏にバトンタッチしました。KYB株式会社は弊社のパフォーマンスパーツブランド「BATTLEZ(バトルズ)」のサプライヤーであり、AXCRにおいても初参戦時から大きな協力体制を築いてきました。これまで弊社のラリーマシンのダンパーを設計するとともに、サービスクルーとしてTEAM JAOSの活動を支えてきた田中氏に実戦を体感してもらい、さらに深い商品開発につなげることを目標として無事に完走しました。
そしてチームとしては4年目の挑戦となる今シーズン(2018年)も同じマシン(ハイラックス)を使用し、ドライバーとコ・ドライバーも昨シーズンと同様に能戸/田中 コンビが担当し、上位入賞を目指して挑みます。より過酷な状況下でも安定した走行ができるよう、ダンパーを中心にアップデートします。
非常にレベルの高い競技のため様々な困難が予想されますが、スタッフの技術力向上や世界市場へのプロモーションの足掛かりとしても意義のあるプロジェクトだと考えています。

 


能戸 知徳(株式会社ジャオス 開発部)

1988 年北海道出身、ブルータスレーシング(現 株式会社パドック)の代表・能戸修氏の長男。10 歳でジムニーを初運転。翌年にはバギーで陸別道新オフロードバトルに参戦してドライバー人生をスタートさせた。以後、学業と両立しながらオフロードレースの数々に参戦。18 歳でパドック入社、営業と開発を担当しながらもレース活動を継続し、AXCR2006 ではジャオス・赤星と組みパジェロで完走。翌年の同大会で総合4 位(日本人最高位)を獲得。ジムニースーパートライアルチャンピオンシップ北海道DV 3年連続シリーズ優勝、BAJA1000 ではチームジオランダ―のサブドライバーを務めるなどの経歴をもつ。AXCR2015 ではメカニックとしてTEAM JAOS を支え、同年12 月にジャオスに入社し、AXCR2016 にチームドライバーとして参戦し総合5 位入賞、翌年の2017年も完走。2018 年もドライバーを担当し入賞を目指す。

 



田中 一弘KYB株式会社 AC事業本部 技術統轄部)

1978 年静岡県出身。幼い頃から自動車が好きで大学では工学部・機械工学を専攻。2001 年KYB 株式会社に入社。自動車メーカーからアフターパーツメーカー、そしてモータースポーツまで幅広いショックアブソーバーの設計経験をもち、AXCR 以外の国際ラリー用ショックアブソーバーの開発実績もある。豊富な現場経験からドライバーの意のままのチューニングを即座に施す専門家。プライベートでは愛車でサーキット走行やメンテナンスをして休日を過ごすことも。AXCR には2015 年、2016年の2年間TEAM JAOS のKYB 製ショックアブソーバーの設計を担当し、サービスクルーとしてラリー本番をサポート。自ら設計したショックアブソーバーのよりリアルなデータを収集するために2017 年は初めてコ・ドライバーとして挑戦。2018年も引き続きドライバーの能戸と組んでAXCR特有の難解なルートをナビゲートしながら、現場で得た生のデータを製品開発にフィードバックする。

 

監督 赤星 大二郎 株式会社ジャオス 代表取締役
ドライバー 能戸 知徳 株式会社ジャオス 開発部
コ・ドライバー 田中 一弘 KYB株式会社 AC事業本部 技術統轄部
チーフメカニック 小林 正夫 株式会社パワーステージ(EVOLiSTA)代表
サブチーフメカニック 今泉 俊一 群馬トヨタ自動車株式会社(梯子車体)
メカニック 高見澤 卓 群馬トヨタ自動車株式会社
メカニック 武藤 俊裕 群馬トヨタ自動車株式会社
車両製作ディレクター 岸 好昭 株式会社ジャオス 設計部 部長
サスペンションディレクター 田村 裕一郎 株式会社ジャオス 専務取締役
サスペンションエンジニア 津久井 勇樹 株式会社ジャオス 開発部
広報 内田 悦哉 株式会社ジャオス 企画宣伝部 部長

 

車両製作
群馬トヨタ自動車株式会社、株式会社群馬トヨタ総合センター
https://www.gtoyota.com/